空気の通り道
アール、ボックス中

ある日お布団を敷こうと、まずは敷き布団をセット。



            ...........テッケテッケテッケテッケ




「ねーむいーのだー。(=_ヾ) ネムネムゥ

     ぃよっこいしょっと。ZZzz…(。-ω-)。。ooO」


ジャンゴ。こっちー!

あらやだっ
敷き布団の上に寝転がっちゃった。



ま、いっか。


いったんの上に毛布をかけて~。


お布団かけて~。



うーん。微動だにせん。




こむ「いったん、息とか大丈夫かね?」


さむ「えー。さっすがに大丈夫でしょ~??」

…で、あっち!

心配で、いったんの様子を観察するこむ。


こむ「あっ!動いた!!」


やっぱりね~。さーすがに息苦しくなったら動くわい。




こむ「あ…」



110317-4.jpg

こむ「毛布が折り込んで、出れんみたい。」


あれまぁ。



ま、暴れてないし大丈夫でしょーーー。






大丈夫でしょー。





でしょー。




…で…しょう???









………い、一応…空気穴だけは確保しといてあげようかな



折り込んでいた毛布を元に戻して出口が見えるようにしてあげると…








「・・・・・……ぷ………っっっっっ………はぁ~っっっっ」






「やっと息が出来たのだ。ふぅ~」





息苦しかったんならもっと暴れんさいやっ
2011-03-17 (Thu) | 未分類 | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |