行き先は、妻のわがままが決める

前日の0時をまわってからようやく決まった敦賀行き。

ろくすっぽ調べずに
とりあえず気比の松原にで行って、天橋立を見に行こうという方向性だけ決めてみた。



しかし
「現地付近のレジャー情報誌でテキトーに調べればなんとかなる!」


の精神は、この日ばかりは裏目に出たのであった。


110922-2.jpg

なぜなら昼食をどこで食べようかと調べた時、

ふと目にした







          『ホワイト餃子』



の文字に反応
  *場所は滋賀県。行く方向とはルートが大きく違う。


さむ「どっかで見たことある!ありえへん世界あたりの中毒グルメで紹介されとった気がする!」



さむ「ま…まぁ。。いいよ。(でも行きたい、行きたい、行きたーい。)」


さむ(昼の部は14時までですよー。今ならまだ間に合うんですけどー??)←心の声


人がいっぱいじゃけぇ、僕はあんまし走れんかったんよ。


この私の微妙な心境の変化を、なぜ、こむは、

           気付かないのだーーー?!?




あとになって


    さむ「行きたかったのに。もうお昼食べちゃったし!間に合わんし…」



という私のイヤミに、こむは一人反省会をしなければならないのであった。


こむ「てっきり近場で食べるもんだと思っていた。
     僕がもっと早く判断していれば…。」





こむ「天橋立はまた今度でも行けるし。
   帰りに寄って、滋賀を観光しながら帰ろうか」


さむ「そうしよう♪」



こうしてこの日の行き先は決まった。さようなら、天橋立。



さて、行き先は決まったが、一つ重要な問題をかかえている。



この日…







財布の中身がすっからか~ん
110922-3.jpg




110922-4.jpg


給料日前でわずか千円弱ほどしか残っておらず、意地でもお金をおろさないぜ!
とここまできたので、この数百円でやりくりしなければならないのだ。



「ねぃちゃん…」
110922-5.jpg



ん?なぁに、いったん??





「アレがお金だったら良いのにね…」
110922-6.jpg


やかましいわ!


いったんに同情されつつの倹約旅行である。
2011-09-22 (Thu) | 未分類 | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |