競技会帰りあるある
当然ではございますが
いくら「ヒマ虫を噛みつぶす」という造語があるからといって、

いったんは競技会の日のバリケン待機中、
120321-6.gif
実際にはこのようなヒマ虫をかみつぶしたりはしておりません。





ヒマを持て余しているいったんは…

『弄ぶ』だし、暇はもてあそばんし。

また変ないったん語を作らんの!(`ヘ´)

お手玉で遊ぶみたいにヒマ玉で遊ばんで!


ほんで、『持て遊ぶ』じゃなくて『弄ぶ』じゃし!
ヒマは弄ばんし!
ヒマを持て余すの!


で、ヒマを持て余しているいったんは…


「そなのだ。ヒマが余っとるのだ!」
暇を持て余す
(ちなみにいったんの左手につけているのは指サック)


ウキーっっ。
もーー。違うっちゅーのに!
ほんで内職すんな!



とにかくヒマで暇でヒマしまくりのいったんは、



ただひたすら、バリケン内で寝て過ごすのです。


ぐーすかぴーすか、そりゃーもうひたっすらに寝とるのです。

ましてや車中待機だと、ぐっすり集中して寝ちゃうのです。


だもんで、7歳というお年を迎えましても
競技会から帰った日の夜は…


120328-4.jpg

元気玉がバクハツしちゃって、

そりゃぁまぁ
靴下引っ張り遊びのテンションがいつも以上に高いこと、高いこと。


特に横への引っ張りが強くって、

ブンブン首を振って遊んでおります。
120328-6.jpg

若干、顔もブチャイクになってしまうほどに。(写真はさっき撮ったモノですけどー。)

こむ家の競技会は、この儀式をしてやっと終わるのです。
2012-03-28 (Wed) | 未分類 | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |