地団駄、じだんだ…

いったん先生に芸事を教えるのはひっじょ~~~に根気がいります。


ただただディスクの上に前脚2本を乗せるというシンプルな芸事でさえ、

教えるのに1ヶ月を要しました。たぶんそれ以上かかった気がする…。


コマンド:「手々(てて)」

当然コマンドでは覚えておらず
ディスクが地面に置いてある=あしを乗せればいいのだ!
という感じで覚えとるだけよ。


やっとやーっと
「ディスクの上におあしを乗せればいーのだ!!!!」

と気付いてくれたのは良いんですが…

いったん的には『僕、分かったよ!』よりも
『はよぉ おやつおくれ、くれ、くれ~!!』な感情の方が先だっている訳で…


「もぉ~。コレじゃろ?? (地団駄、地団駄…)
   はよぉ、ちょーだいっっ  (地団駄、じだんだ…)」





落ち着きないねー。


だいたい教えている時だって、

「何をした時におやつが出てくるのかしらん?」

なーーーーーーーーーんて考えているそぶりは一切見られず、

ただただラッキーでおやつが出てくればそれでヨシ!みたいな、
芸事とおやつとの因果関係くそくらえ論でやっているもんで
覚えてからも てっきとー。


さっきの動画は調子の良いときで、
根本にあるのは「さっさとおやつくれ!!」なもんだから



イライラしってまーす。



「んっっも~。どーーーーーーーーーでもいいから、

   さっさとおやつよこせのだーーー!!!」
2012-09-01 (Sat) | 未分類 | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |