22日
早朝4時頃、いったんが

やっぱり軟便だよな~、でも量がえらい多いな~って思ってたら…


最後は見事な水様便

いったん自身も痛そうで、かわいそう。

心配しつつ、出しきった後はもう大丈夫っぽかったので二度寝。

そして朝、7時に再び起きると…なぜか元気。
食欲も復活。…が、やっぱり缶詰はイヤらしい。
食べたがるのに食べて良いものは食べんし、
食べちゃいけんのんだろうな~ってものなら食べれるしという矛盾。

一応病院に行ったけど原因が病気にある以上、今飲んでいる整腸剤以上に
何か薬を飲んでもあまり効果は期待できないだろうって事で
特に治療はせぬまま帰宅。別の種類の缶詰だけ買ってみた。

それからアルブミン/グロブリン比は、結果が出ないまま検査センターのお休みにかかったため
結果は月曜まで分からないみたい。土曜が祝日じゃなければ土曜に出てたんでしょうけどねぇ。

それと今、調子がえらくよくなってる事からやっぱり抗ガン剤の効果が出てきてるんじゃ?という可能性はある。
体重も8.7キロに落ちた。
比較的早く反応が出るらしいのだけど、はっきりと結果が出るのを待つために
検査は翌日にもちこした。


さんざん食べたい食べたいって言うくせに缶詰をあげると
「僕、いらない」って言ってたいったんが
食べる場所をリビングに変えると食べやがった。

もらう場所でうまいかどうか決めるな!!
2012-09-23 (Sun) | 未分類 | COM(6) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS

リビングでなら食べる?
いーの、いーのよ! 病犬はワガママで♪ ね、いったんd(⌒ー⌒)!
2012/09/23  | URL | なつき母 #xLqRDvQU[ 編集/削除]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/23  | | #[ 編集/削除]

そうそう。体力回復して守備力を高めねば。。。
二日酔いの自分がどんなに気持ち悪いかを思い出すとやはり食べたくないときは無理強いせんのがよいのでしょう。自分にとって最もよい方法をチョイスできる野生の勘を信じて。。。って、いったんに野生の勘は残ってるんかいな?(笑)
2012/09/23  | URL | mimi #-[ 編集/削除]

*なつき母*
しかもリビングで、手のひらからあげるという王子っぷり。
今までの規律正しい生活は何だったんじゃというくらいの王子生活よー。
さむ、執事。
同じモノをいつもの場所であげる→「これ、まじぃよ」
その直後、全く同じのをリビングであげる→「やった、いただくのだー」

と、時間をおいた訳でもなくシチュエーション違いなだけで
どうしてこうも反応が違うんじゃ!!
フードも食べやがった。

*鍵コメさま*
調子の良い日と悪い日が交互にやって来て、
調子の良い日はあれだけ食べてないのになぜ??っていうくらいに
足取りもしっかりして無駄にちょこまか動くけど
調子悪い日はあんまり動かんし寝てばかり。

食“欲”だけは復活してくれたんだけど、
食べたいモノは食べちゃいけないモノで
食べて良い物は食べたくない物。
難しいわー。

*mimiさん*
はじめは、胃腸が荒れてるんだからそりゃぁ食べれなくても
慌てる必要ないかなーって思ってたんだけど
病院行ったら食べてない事をすごく気にされて…
このままだと点滴が必要になってくるけど
皮下点滴は腹水のたまってる子にはリスキーだし…と
医療って難しいわねぇ。
どうしてもダメなら静脈注射で栄養送る感じになるのかしら。
その前にもうちょいしっかり食べやがれ!!
2012/09/23  | URL | さむ #DaqWDIIE[ 編集/削除]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/23  | | #[ 編集/削除]

*鍵コメさま*
ありがとー。ビックリじゃろ?私もビックリよ。
ほんの半月前までがっつりアジしとったのにねぇ。

今は病名が確定せん分、一応リンパ管拡張症だった場合のことも考えて低脂肪のをあげんといけんくて、
療養食以外に食べて良いものがほっとんどないのがかわいそうなところ。

ただ、食欲がある時は別の缶詰なら食べてくれるので
一日に何度も分けて少しずつ食べてもらっとります。
(腹水がたまってるせいで胃を圧迫しとるんかもね。)

それもまた嫌がるようになったら、こういうのはあげて良いか聞いてみるね。ありがとう!
2012/09/24  | URL | さむ #DaqWDIIE[ 編集/削除]
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |