ランニングコンタクトに関する研究結果

こむが更年期障害のホットフラッシュみたいな症状になって、
汗をドバーっとかいたあと急激に体温を奪われこーんな数字を叩き出してしまうんですが
(あまりに低すぎてか、数字が点灯します)
いろいろ検査してもそれらしい原因は分からーず。

(男性ホルモンの量は正常だったらしいんだけど
もともと多かった女性ホルモンが最近減ったっていう
女性的更年期障害なんちゃうん?!などと疑っている。
あるんだろうか、そんなこと・・・???)

んで、そんな中この土日に自主練動画をたらふく撮ってもらったので

ランニングコンタクトをする上での

『成功』




『失敗』

の違いはなんじゃろか??


と、めっちゃ動画を見まくって、とうとうすごい発見したんだよ!



とはいえチョパは自主練でタッチをとぶことはまずないので
ホントの意味での検証は難しいんだけどねー。


まずは足を踏む場所から。


170307-6.jpg

下りの足の配分はほぼ決まっていて、
下り一歩目はここ。右前脚がつきます。


170307-7.jpg

2歩目は、必ずこの5番目と6番目の出っ張りの間。
若干の差はあるけど。



170307-8.jpg

で、3歩目で(このキャプチャではまだ足を着いてないんだけど)
右前脚をタッチゾーンギリギリを踏むか踏まないかになって


170307-9.jpg

さらにそこより下の位置で後ろ脚をついて、、、、そしてジャンプしたっぽく駆け抜ける(笑)
(この走り方をするからパッと見跳んだように見えるんよね。)

この時に後ろ脚がマット踏んだかなー、どうかなーと言ったところ。



ただ、結局2歩目と3歩目で大きな一歩になるか小さな一歩になるかで
決まるっぽいような…

気がするようなー???

どうなんじゃろかー???




ところがね、よーくよーくよーーーーーーっっく

動画をスローで何度も何度も何度も!見ていたら、


チョパ、独特の足さばきをしていることを発見!

この独特足さばきをするときは比較的マットを踏むことが多いらしい。


それは・・・

スロー動画でも分からんけぇ

せっせせっせとキャプチャ並べてみたよ!

決め手は、下り1歩目の左後ろ脚


170307-1.jpg

はい、ここ!ここでストップ!

左後ろ脚・・・・着いてないでしょ??

このまま左の後ろ脚はつきません!


2歩目で件の左後ろ脚をついて、
170307-2.jpg


2歩目から3歩目にかけての比較的大きめな一歩をして
170307-3.jpg

↑このときは3歩目の右前脚がタッチを踏んでるのが分かるね。

で、最後に…
170307-4.jpg

右の後ろ脚が、マットを踏んでピョーン!
(ピョーンやめれwwwこのせいでマジで跳んだように見える。)


フツーでない(と思われる)足さばきだけど、

どうやらこれをすると、

3歩目の後ろ脚が前後にズレて、そのおかげで右後ろ脚がマットよりの位置に
着くんじゃなかろーかと思うんよ。


この足さばきをしたから必ずマットを踏むわけでも
しなかったから踏まないという訳でもないんだけれど~、、、、


たとえばこの動画
マットは踏んでるんだけど、最初の一歩目で左後ろ脚が着いてます。
すると・・・

3歩目で、ほぼ左右後ろ脚がそろった位置に足を着いてるんよね。


チョパ流足さばきしてるときは

3歩目の左右の後ろ脚の位置がズレるからか、右後ろ脚でなんとかマットを踏みがちー。
(ただしそれも絶対ではないところが悲しいところ)




どや!?


私の研究発表、どや!?














・・・・・誰の役にも立ちゃしねぇ!!!



その上、それがわかったところでこれといった対処のしようもない!!

チッキショー!!!


チョパ、頑張ってそのナゾ足さばきをモノにしろ!!
2017-03-07 (Tue) | 未分類 | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |